スポンサーリンク

ボードゲームの黄金期

レトロゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボードゲームの絶頂期

ボードゲームも結構やりました!当時の友人が、ドラキュラゲームを持っていたので、よく遊びました!確か、血をドンドン取られていく・・という感じの内容だったと思います(笑)

自分は、それに対抗して、おばけ屋敷ゲームを買って貰い、そこそこ遊びました。

おばけ屋敷ゲーム

ボードゲームのCMが流れていた・・という時代

「お化け屋敷ゲーム」は、勇気と力で、勝負!!というフレーズで、CMでも流れておりました。
今では、そんなもので退治できるなら苦労しねぇ・・・と、思ってしまう駄目なオトナになってしまいましたが(笑)

あと、なんで買ったのか、当時の自分に小一時間問い詰めたいものとして


ペイデイ

ペイデイ(PayDay board game / Parker Brothers 1975) - ノドボドゲ
小学生の頃、まだ風営法が施行される前、親と一緒にパチンコ屋へいったときに(車に置き去りはされていません)景品として取ってもらったのが「ペイデイ」でした。自分が持っていたボードゲームの中で、一番プレイしたゲームです。コマが折れたり箱がボロボロになるまで遊んで、高校生くらいの時に親が捨てるというので「いいよ」と返事をした記...

ポストのマスに止まると、大きめの赤いカードを引きます。
その際、請求書なんかが結構多く出て、最終的に月末あたりで総額を払ったりするのですが当時としては、なんか大人になった感じがして、良く分からずふふーーんと、プレイしたものです。

それも今となっては、リアルペイデイですよ・・・

当時の男子所有率高め

野球盤も持っており、人工芝野球盤ってのを所持しておりました。

野球盤ミュージアム Yakyuban Museum エポック社 野球盤AM型 人工芝球場
昔懐かしい野球盤の紹介!昭和生まれの人なら一度は遊んだはず。今でも現役の野球盤を是非ご覧ください。

当時の自分は、スコアボードの数字(得点)が、紙を差し込むことによって変えれることに異常に執着しており、同時に「どうだすげーだろ!」感を仲間たちにも与えていたのですが、超乱打戦の際10点を超えた回に遭遇したことで点数がどうにもならず、その気持も一気に萎えた記憶があります(笑)

旅は道連れ全員集合

今でも特に忘れられないボードゲームは「日本特急旅行ゲーム」

日本特急旅行ゲーム

8つの目的地が設定されている旅のカードをチョイスすることで、目的地を大まかに自分で決めれる所が、面白いところ!
時刻表も巧くゲームに取り込んでいて、その時間帯で使える電車が限られるという、リアルなゲームシステムやハプニングカードの本当にハプニング的な設定がとても面白かったです。

コメントや感想などを頂けますと、やる気が更に出ます!
メルアドなど、省略できますので、お気軽に書き込んで下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました