ゲームばっかじゃん

PS4プレイ日記、レトロ系ゲームとか映画とか色々と・・・

はじめまして!こちらのサイトでは、ゲームのプレイ日記などを「ネタばれ」全開で
掲載しております。ページを閲覧される場合は、十分ご注意下さい!!!


シャーロック・ホームズ -悪魔の娘- vol.3

calendar

reload

シャーロック・ホームズ -悪魔の娘- vol.3

スポンサーリンク

マーシュ卿の屋敷


前回からの続き・・マーシュ卿に話を聞くためにワトソンと屋敷に来ました。

 


基本的に貧民層への援助に賛同して、何か協力したい・・という体で来たので、突っ込んだ話は無しだと思われるのですが・・・

 


まずはマーシュ卿の脇に居た人物の分析をします。ルーベンという医者で、同時に卿の世話人もしているようです。

 


マーシュ卿を詳しく観察すると、どうやら結構な病気を患っていそう・・という事が判明します。

 


思った通り、踏み込んだ質問などは出来る状況ではないので、一通り質問などをした後に御暇することになります。

 


ただ、会話の中で貧民層に対する「特別教育課程」なる物が出てきたので、その件で情報を仕入れてみることにします。お父さんからトムに、先の件の話などがなかったか確かめるために、一旦、トムの家に向かいます。

 

トムの家にて

物語とは違うシステム的なお話ですが、1回行ったことが有る場所については、すぐに目の前から始まるのは高ポイントです!!

さて、トムの家に到着しました。お父さんは見つかった!?と、矢継ぎ早に聞いてくるトム。まだ調査中と宥めると、なにかしらの箱を見つけた・・と、トムが持ってきます。

 


ちょっと見つかりにくい場所にあったようで・・という事は、逆に考えれば「見つけられたくない」物が入っているという事・・・調べると、油の染み込んだ布・煤を取るブラシ・・どうみても「銃」が置いてあったと言える状況!

 


油の匂いで銃の場所を突き止めようとしますが、当然ですが簡単にはできません。そこで、自宅に居るワンちゃんの登場です!という事で、自宅に戻ります。

 


自宅に戻り、トビーを連れて改めてトムの家に向かうことにします。

 


拠点を移動する度に長いロードが入るのが、ちょっとねぇ~(^^ゞ

 

犬になって


改めてトムの家で、トビーに布の油の匂いを追跡してもらうことに・・ここでは、トビーにキャラクタが切り替わり、自分で匂いの痕跡を追います。

 


トムの家から外に出て、結構歩いた先の場所にたどり着きました。ここで、キャラクターはホームズに切り替わります。

 


という事は、この場所で合っているという事ですね!早速、中にはいってみましょう!

 

隠れ家の捜査


階段を降りていくと更に扉があり、鍵がかかっています。今度はピッキングのミニゲームが始まります。

 


こんなに簡単に出来る訳ないのですが(笑)雰囲気は良く出てるミニゲームだと思います!しかも最初なので、えらく簡単です!

 


ピッキングに成功しましたので、部屋に入ってみましょう~!何か得られるものはあるかな・・・?

 


まずは、トムに宛てた父からの手紙が見つかりました。文面からして、死を覚悟している感じの内容です・・・

 


続いて、リストのようなものが見つかりました。マーシュ卿の屋敷で手に入れた「特別教育課程の名簿」と照合してみます・・・・

 


照合すると、行方不明者と参加リストがピッタリと一致しました。・・・うーむ・・これは怪しい・・・

 


ここで、証拠品や状況などから推理分析をしてみます。自分が導き出した現在の結果は、改めてマーシュ卿の屋敷で情報収集!という訳で、他に手に入れた物証を調べるために、一旦自宅に戻ります。

 


隠れ部屋にあった記章を調べてみた所、トムの父親は元軍人らしいことが判明しました。

 

マーシュ卿の屋敷へ侵入

屋敷の前で様子を探っていると、医者であるワトソンがやってきました。彼は医者の立場から、病気が気になり訪れたようです。
そして、ワトソンの協力もあり、裏口から侵入に成功!!

世話人のルーベンの部屋から調べて見ることにします・・・・が、すぐに当人が部屋に入って来ますので、部屋の隅に隠れなくてはいけないのですが、この時間制限が結構厳しく

 


↑を3回位連続でくらってしまいました・・・(T_T)
侵入してすぐにもQTEのようなものが有りましたし・・・趣向を凝らして・・というのも分かりますが、そんな物は要らないんですけど・・・正直ウザいだけです!!

 

この部屋の調査から、遂に本事件の核心が顕になっていきます!
次回は「餌食は語る」の解決編です!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す