スポンサーリンク

家でドンキーやれるぞ!

レトロゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームセンターの高い壁

表題のセリフをファミコン発売当時は、よく友人に言ったものです。
家のTVで、ゲームセンターのゲームを遊ぶことが出来る!というのは
ゲームの進化と共に育った世代としては、堪らなく魅力的であり
踊らされるだけ踊らされるコンテンツでありました(笑)

特にマイコンと呼ばれていた、当時のPCゲーム等をプレイしていた自分世代は
「アーケードからの移植」と聞くと、喜んで(?)遊んでいました。

何もかもみな懐かしい・・・

ちなみにPC-6001版「スペースハリアー」です。
この機種でスペハリが出る!と聞いた時は、すぐさま飛びついたのですが
勿論、プレイ5分位で、喜びは悲しみと諦めに変わります(笑)

衝撃のデビュー

で!

話は戻って、ドンキーコング。
初めてデパートのおもちゃ売り場などで画面を見た時の衝撃は
ゲーセンのまんまじゃん!!というものでした。

ファミコン版 ドンキーコング【DONKEY KONG】

50Mが無いのはなぜ?オープニングが無いのはなぜ?
クレイジーコングは出ないの?という、当時の自分に分かる筈のない事情は
大人になって理解しました(笑)

ワープが出来ない(多分)のも、リアルでバリバリ遊んでいた身としては
残念でしたが、そんなことを差し置いても、凄まじいクオリティで再現された
グラフィックと効果音に、細かい所は「気にすんなよ」の一言で
済まされちゃう位のインパクトを与えてくれたゲームでした。

コメントや感想などを頂けますと、やる気が更に出ます!
メルアドなど、省略できますので、お気軽に書き込んで下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました