ゲームばっかじゃん

PS4プレイ日記、レトロ系ゲームとか映画とか色々と・・・

ジェイソン・ボーン

calendar

スポンサーリンク

久々に映画関連・・・

久々ですが、最近見た映画の中から、チラホラと感想などを・・・

まずは、好きなシリーズの最新作「ジェイソン・ボーン」

 

年月を感じさせる・・・

まぁ、前作から相当経っていますので、出てこられる方が皆

歳とったなぁ~・・・というのが第一印象(笑)

 

主役のマット・デイモンは、いい歳のとり方って感じですので許容範囲(笑)

映画.com

寧ろ、老けたことにより、悲壮感とか体力的・精神的に疲れてます・・

という感じが出ていて、違和感なく年月が経ったボーンとして受け入れられます。

しかし・・・

 

ニッキー・・・君はキツイなぁ・・序盤から出てくるのですが、ニッキーの

変わり様をみて、あぁ・・・俺も歳とったんだよな・・と、変な悲壮感が

出てきてしまいました(笑)

 

そして、この方!

「ジェイソン・ボーン」シリーズは、ヒール的な役が必要で、毎作、良い感じの

役者さんが好演しているのですが、今回、大物のトミー・リー・ジョーンズさん

が登場!!巧いので、物語もグッと締まるのですが、いかんせん、アップになると

年齢を感じてしまい、トミーさんも歳とったな・・と、毎回画面に出ると

思ってしまいます(笑)

 

ヒロインは・・

今作のヒロインとして、オスカー女優のアリシアさんが登場しますが

なんかね・・・子供にしか見えんのですよ(笑)

回りが結構なジジィばかりなので、余計に幼く見えてしまいます・・

又、脚本のせいでも有ると思うのですが、なんとなく好きになれない役柄で

終始、イラつきました(^^ゞ

 

で、話は・・・

さて、内容はと言うと・・・久々のシリーズ復活の「ため」のシナリオ

という印象です。

 

逃亡をしながらも一般社会に馴染めないでいるボーン・・という設定はアリだと

思いますし、多分、そんな感じだろうな・・と、想像もできます。

ですが、彼を又(CIAとの対決という)表舞台に戻らせるには、今ひとつ

映画の内容では弱いんじゃないかと思うのです。

 

ニッキー絡みの流れ→ボーンに繋がる という部分が、今更感が強いし

スッキリしない部分であります。

 

この手のアクション映画は、矛盾なんか在っても「まぁいいか」と、許せるテンポと

大筋のわかり易さがあれば、全然楽しめるタイプなのですが、今回のボーンは

映画館で見ていても、なんとなく入り込めないというか、細かい部分が目立つという

シリーズの中でもガッカリな作品となってしまいました。

 

良かった所

今回の要員として、ヴァンサン・カッセルさんが出ているのですが

ボーンとベガスで対決!というだけで、オーシャンを思い出してしまい

休憩中など、懐かしいねぇ~とか、話していたんだろうなぁ(笑)

 

イマイチな所

小道具を使ったギミックが欲しかったなぁ~

あと、もう1人くらい要員を追加してもらって、格闘アクションを

もう少し見たかったですねぇ

 

今後に期待すること

ちょっとマンネリ気味ですし、今回見た限りでは脚本も期待できない感じなので

いっその事、レガシーのジェレミーさんと共演作にして、集大成的な物を

作ってくれたりしたら、観に行っちゃいます(笑)

 

コメントや感想などを頂けますと、やる気が更に出ます!

メルアドなど、省略できますので、お気軽に書き込んで下さい!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す