スポンサーリンク

アイスクライマー

レトロゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クライマー・クライマー

ある有名な登山家に、なぜ山に登るのか?と聞いた所
そこに、それ(山)があるから・・・と、答えたといいます。

今回のゲーム主人公の場合は、そこに、食い物があるから・・・
二人同時プレイも熱い、名作アクションゲーム

「アイスクライマー」

ファミコン版 アイスクライマー【Ice Climber】

前回と同様、登る系です(笑)

良質アクションゲー

ハンマーで頭上の障害物(ブロック)を取り除き、上へ上へと進みます。
1段(面によっては数段)登ると、障害物だったブロックが
今度は、命綱的な床となります。

このバランスが絶妙で、ブロックを崩し過ぎると足場が少なくなり
出来る限り少ないブロック排除で、上の段に登りたいわけです。

そうはさせまい!と、敵キャラなどが邪魔をしてくるのですが
自分の中で最高に腹が立つのが、アザラシの野郎です。

『「アザラシの野望‼︎」第3話』
 アザラシ王国より、いずれ人間界を征服する為に日夜情報収集を行い、その情報をアザラシ王国へ送る為、派遣されたボナロッティです。 只今アザラシ王国へ里帰りしてい…

トッピー!!??
この野郎、一丁前に名前なんてあったのか!!!
シレッと横から登場したかと思えば、やっと開けたブロックを
塞いでしまうので、出てきた瞬間殺ってやろうと攻撃すれば
懐に入り込んで返り討ち・・という凶悪キャラ。

ファミリークリフハンガー

そんな当ゲームも慣れてくると、リスキーなプレイをしがち・・・
最後のコンドルに飛びつく所では、三浦雄一郎もびっくりな
下界方向へのジャンプ1発勝負!!


殺伐としたプレイも、キャラクターやBGMの可愛さで
なんとなく、ほのぼのとした雰囲気になってしまうのも
本作の凄いところであります。

コメントや感想などを頂けますと、やる気が更に出ます!
メルアドなど、省略できますので、お気軽に書き込んで下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました