ゲームばっかじゃん

PS4プレイ日記、レトロ系ゲームとか映画とか色々と・・・

それはパックマンじゃない

calendar

reload

それはパックマンじゃない

スポンサーリンク

駄菓子屋の思ひ出

クレイジーコング(パートII含む)、ギャラクシアン パート4

インベーダー パート3・・など、駄菓子屋で子供時代を過ごした方は

どれかに触れた事が、あるのではないでしょうか?

 

一応・・・

引用元:クレイジーコング(多分、パートII)

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/9949/0007.html

引用元:ギャラクシアン パート4

インベーダー パート3

バッタ物スペースインベーダー

どれもあれ?という感じですね(笑)

その通り、アレなのです・・

つまり、コピー品、バッタモンなんです。

 

そんな時代もあったねと・・

なぜ、駄菓子屋や普通の店の裏などに、この手のコピーが多かったのか・・

事情は色々あると思いますが

・コピーなので、レンタル又は購入の単価が安い

・だから、20円とか50円で、プレイ金額を設定できる

・そして、インベーダー黄金期のように、当店もウハウハに・・

という流れではないかと、推測します。

 

で!

 

表題のパックマンですが、本家は

引用元:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3

こちら↑

 

友人とパックマンの話をしていた時に、壁が消えて・・とか

上下にもワープが・・・と言われ、いやそれはパックマンじゃないよ

と、反論したのですが、友人の駄菓子屋環境では

引用元:http://www.lares.dti.ne.jp/~fuinarle/copygame/copygame.htm

これ↑が稼働しており、青春とともに過ごしたパックマンはこれであり

パックマンといえば、これなのである(笑)

 

そう考えると、正規のパックマンも、ハングリーマンもポパイマンも

プレイできた、自分の近所の駄菓子屋は、グッジョブ!と言わざる得ない(笑)

 

違法だろ!?という、根本の話は、置いておいて頂けると幸いでございます・・

 

コメントや感想などを頂けますと、やる気が更に出ます!

メルアドなど、省略できますので、お気軽に書き込んで下さい!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す